大会レポート 第15回浜松大会

BCクラスや立位・座位の枠を超えたレアな対戦も!

第15回浜松ボッチャ大会

地元・浜松市のみならず、西から東から他都府県の強豪選手が参戦し、地域大会とは思えない豪華な顔ぶれとなった第15回浜松大会は、各クラスとも全国レベルの戦いとなりました。
▼CPクラス結果 ▼オープンクラス結果 ▼ランプスクラス結果

開催日 2018年5月19日(土)
開催場所 浜松アリーナ メインアリーナ
実施クラス CP(BC1、BC2、BC4)オープン(座位、立位)ランプス(BC3)

>> 第15回浜松大会フォトギャラリーはこちら

 

CPクラス

第15回浜松ボッチャ大会

3を除くBCクラス合同で行われたCPクラスでは、他の大会ではなかなか見られないレア対戦が続々。予選リーグでの梅村祐紀選手(BC2)vs二澤歩海選手(BC4)にはじまり、決勝での二澤歩海選手(BC4)vs杉村英孝選手(BC2)まで、日本を代表するBC2選手、BC4選手がBCクラスの枠を超えたハイレベルな戦いを展開しました。

優勝は、BC4クラスの唐司あみ選手、渡邊湧太選手、二澤歩海選手を連破し決勝トーナメントを勝ち抜いた杉村英孝選手。BC2の枠を超えた日本のエースとしての貫録を見せてくれました。

■予選リーグ
2エンド制。2エンドを終えて同点の場合は引き分け。予選全試合終了後の勝ち点により順位を決定。勝ち点が同じの場合は、得失点差。得失点差も同じの場合は総得点。勝ち点は、勝利3点、引分1点、敗戦0点。
CP1リーグ 勝ち点 順位
107
伊藤彩水
1 2
122
池田ひなの
1 3
114
長尾康平
6 1
[対戦結果] 伊藤彩水(△ 1-1 △)池田ひなの / 伊藤彩水(× 0-4 〇)長尾康平 / 池田ひなの(× 0-6 〇)長尾康平
CP2リーグ 勝ち点 順位
108
小藪雅人
2
104
小谷友謙
1 3
102
本宮崇史
1
[対戦結果] 小藪雅人(〇 4-1 ×)小谷友謙 / 小藪雅人(× 0-3 〇)本宮崇史 / 小谷友謙(△ 1-1 △)本宮崇史
CP3リーグ 勝ち点 順位
112
渡邊湧太
6 1
101
庵木菜名
0 3
106
小栗美穂
3 2
[対戦結果] 渡邊湧太(〇 11-0 ×)庵木菜名 / 渡邊湧太(〇 4-1 ×)小栗美穂 / 庵木菜名(× 1-3 〇)小栗美穂
CP4リーグ 勝ち点 順位
109
松井徹
3 2
116
奥秋慎一
0 3
105
唐司あみ
6 1
[対戦結果] 松井徹(〇 4-1 ×)奥秋慎一 / 松井徹(× 1-5 〇)唐司あみ / 奥秋慎一(× 0-4 〇)唐司あみ
CP5リーグ 勝ち点 順位
113
梅田友哉
0 3
110
山本均
3 2
118
杉村英孝
6 1
[対戦結果] 梅田友哉(× 0-8 〇)山本均 / 梅田友哉(× 0-8 〇)杉村英孝 / 山本均(× 0-5 〇)杉村英孝
CP6リーグ 勝ち点 順位
111
梅村祐紀
3 2
117
二澤歩海
6 1
119
鈴木美尋
0 3
[対戦結果] 梅村祐紀(× 0-2 〇)二澤歩海 / 梅村祐紀(〇 8-0 ×)鈴木美尋 / 二澤歩海(〇 10-0 ×)鈴木美尋
CP7リーグ 勝ち点 順位
115
金尾拓哉
0 3
121
内田峻介
3 2
120
江崎駿
6 1
[対戦結果] 金尾拓哉(× 0-5 〇)内田峻介 / 金尾拓哉(× 0-6 〇)江崎駿 / 内田峻介(× 0-4 〇)江崎駿
■決勝トーナメント
4エンド制。4エンドを終了して同点の場合は1投のみのタイブレークにより勝敗を決定。
準々決勝戦
117
二澤歩海
〇 9-3 × 114
長尾康平
105
唐司あみ
× 0-9 〇 118
杉村英孝
102
本宮崇史
× 3-7 〇 112
渡邊湧太
※抽選により 120 江崎駿選手はシード
準決勝戦
120
江崎駿
× 2-3 〇 117
二澤歩海
118
杉村英孝
〇 7-0 × 112
渡邊湧太
3位決定戦
120
江崎駿
× 2-3 〇 112
渡邊湧太
決勝戦
117
二澤歩海
× 3-7 〇 118
杉村英孝
■CPクラス最終順位

118
杉村英孝
第15回浜松ボッチャ大会


117
二澤歩海
第15回浜松ボッチャ大会

112
渡邊湧太
第15回浜松ボッチャ大会

>> 第15回浜松大会フォトギャラリーはこちら

 

オープンクラス

第15回浜松ボッチャ大会

座位、立位の合同で戦われたオープンクラスは、予選7リーグで勝ち点9(予選全勝)の選手が2名のみという大混戦。4人リーグということもあり、最も2エンド制の影響を受けたのがこのクラスか!?──どの選手が決勝トーナメントに勝ち上がるのか、予想しにくい展開となりました。

優勝は、予選リーグで強豪・深津和道選手を、決勝トーナメントで立位の久保田和夫選手、北村はる美選手を破った佐々木かおり選手。成嶋祐一選手との準々決勝のタイブレーク決着もありましたが、見事な勝ち上がりでした。

■予選リーグ
2エンド制。2エンドを終えて同点の場合は引き分け。予選全試合終了後の勝ち点により順位を決定。勝ち点が同じの場合は、得失点差。得失点差も同じの場合は総得点。勝ち点は、勝利3点、引分1点、敗戦0点。
OP1リーグ 勝ち点 順位
207
孕石一樹
0 4
223
小山莉絵
7 2
224
江崎匠
3 3
209
中野弘一郎
7 1
[対戦結果] 孕石一樹(× 0-3 〇)小山莉絵 / 孕石一樹(× 0-2 〇)江崎匠 / 孕石一樹(× 0-5 〇)中野弘一郎 / 小山莉絵(〇 2-0 ×)江崎匠 / 小山莉絵(△ 1-1 △)中野弘一郎 / 江崎匠(× 1-2 〇)中野弘一郎
OP2リーグ 勝ち点 順位
212
野田篤
5 2
225
秋山愛子
1 4
227
松田梨沙
3 3
210
桑原法久
7 1
[対戦結果] 野田篤(△ 1-1 △)秋山愛子 / 野田篤(〇 6-0 ×)松田梨沙 / 野田篤(△ 1-1 △)桑原法久 / 秋山愛子(× 1-2 〇)松田梨沙 / 秋山愛子(× 0-7 〇)桑原法久 / 松田梨沙(× 1-2 〇)桑原法久
OP3リーグ 勝ち点 順位
215
大野守弘
6 3
228
梶村圭助
0 4
201
成嶋祐一
6 1
211
中村夏美
6 2
[対戦結果] 大野守弘(〇 2-0 ×)梶村圭助 / 大野守弘(〇 2-1 ×)成嶋祐一 / 大野守弘(× 0-2 〇)中村夏美 / 梶村圭助(× 0-4 〇)成嶋祐一 / 梶村圭助(× 0-7 〇)中村夏美 / 成嶋祐一(〇 4-0 ×)中村夏美
OP4リーグ 勝ち点 順位
217
佐藤知好
0 4
203
長谷川巧治
6 2
206
角替一孝
6 3
205
斉藤一秋
6 1
[対戦結果] 佐藤知好(× 0-7 〇)長谷川巧治 / 佐藤知好(× 1-4 〇)角替一孝 / 佐藤知好(× 0-6 〇)斉藤一秋 / 長谷川巧治(× 1-2 〇)角替一孝 / 長谷川巧治(〇 2-1 ×)斉藤一秋 / 角替一孝(× 0-5 〇)斉藤一秋
OP5リーグ 勝ち点 順位
220
福沢俊幸
1 4
204
浅野美智恵
3 3
202
北村はる美
7 1
208
徳原啓次
5 2
[対戦結果] 福沢俊幸(× 2-4 〇)浅野美智恵 / 福沢俊幸(× 1-3 〇)北村はる美 / 福沢俊幸(△ 1-1 △)徳原啓次 / 浅野美智恵(× 1-2 〇)北村はる美 / 浅野美智恵(× 0-4 〇)徳原啓次 / 北村はる美(△ 2-2 △)徳原啓次
OP6リーグ 勝ち点 順位
221
朝倉勝美
0 4
218
久保田和夫
9 1
226
石崎薫
6 2
216
小林一也
3 3
[対戦結果] 朝倉勝美(× 2-3 〇)久保田和夫 / 朝倉勝美(× 0-4 〇)石崎薫 / 朝倉勝美(× 0-6 〇)小林一也 / 久保田和夫(〇 2-1 ×)石崎薫 / 久保田和夫(〇 2-1 ×)小林一也 / 石崎薫(〇 4-1 ×)小林一也
OP7リーグ 勝ち点 順位
222
落合正美
3 2
219
竹倉幸宏
3 2
214
深津和道
3 4
213
佐々木かおり
9 1
[対戦結果] 落合正美(× 0-3 〇)竹倉幸宏 / 落合正美(〇 3-0 ×)深津和道 / 落合正美(× 1-2 〇)佐々木かおり / 竹倉幸宏(× 1-2 〇)深津和道 / 竹倉幸宏(× 0-3 〇)佐々木かおり / 深津和道(× 0-4 〇)佐々木かおり
■決勝トーナメント
4エンド制。4エンドを終了して同点の場合は1投のみのタイブレークにより勝敗を決定。
準々決勝戦
201
成嶋祐一
× 3-3 〇 213
佐々木かおり
210
桑原法久
〇 5-1 × 205
斉藤一秋
209
中野弘一郎
× 3-6 〇 202
北村はる美
※抽選により 218 久保田和夫選手はシード
準決勝戦
218
久保田和夫
× 2-4 〇 213
佐々木かおり
210
桑原法久
× 1-6 〇 202
北村はる美
3位決定戦
218
久保田和夫
× 2-3 〇 210
桑原法久
決勝戦
213
佐々木かおり
〇 6-1 × 202
北村はる美
■OPクラス最終順位

213
佐々木かおり
第15回浜松ボッチャ大会


202
北村はる美
第15回浜松ボッチャ大会

210
桑原法久
第15回浜松ボッチャ大会

>> 第15回浜松大会フォトギャラリーはこちら

 

ランプスクラス

第15回浜松ボッチャ大会

日本選手権での活躍も期待される有力選手が参戦したランプスクラスでは、優勝候補である日本4位の北澤和寿選手と、日本3位の有田正行選手が予選リーグでいきなり激突。第19回日本選手権3位決定戦の再現ともなる激戦を繰り広げました。

大会を制したのは、北澤和寿選手を撃破した勢いを落とさずに頂点まで駆け上がった有田正行選手。若手期待の吉良優希選手(準決勝)、この大会がBC3デビュー戦となった楠本大悟選手(決勝)に実力差を見せつけての見事な優勝でした。

■予選リーグ
2エンド制。2エンドを終えて同点の場合は引き分け。予選全試合終了後の勝ち点により順位を決定。勝ち点が同じの場合は、得失点差。得失点差も同じの場合は総得点。勝ち点は、勝利3点、引分1点、敗戦0点。
LP1リーグ 勝ち点 順位
307
藤原敏正
3 2
302
藤岡勇樹
6 1
301
田中健太郎
0 3
[対戦結果] 藤原敏正(× 1-2 〇)藤岡勇樹 / 藤原敏正(〇 2-0 ×)田中健太郎 / 藤岡勇樹(〇 4-2 ×)田中健太郎
LP2リーグ 勝ち点 順位
303
楠本大悟
6 1
306
松浦聡
1 3
308
青野大護
1 2
[対戦結果] 楠本大悟(〇 8-0 ×)松浦聡 / 楠本大悟(〇 6-0 ×)青野大護 / 松浦聡(△ 1-1 △)青野大護
LP3リーグ 勝ち点 順位
311
吉良優希
6 1
309
滝口章
0 3
304
田邊千晴
3 2
[対戦結果] 吉良優希(〇 11-0 ×)滝口章 / 吉良優希(〇 4-0 ×)田邊千晴 / 滝口章(× 0-7 〇)田邊千晴
LP4リーグ 勝ち点 順位
312
北澤和寿
3 2
310
中村周平
0 3
305
有田正行
6 1
[対戦結果] 北澤和寿(〇 7-0 ×)中村周平 / 北澤和寿(× 0-4 〇)有田正行 / 中村周平(× 2-4 〇)有田正行
■決勝トーナメント
4エンド制。4エンドを終了して同点の場合は1投のみのタイブレークにより勝敗を決定。
準決勝戦
302
藤岡勇樹
× 3-5 〇 303
楠本大悟
311
吉良優希
× 1-8 〇 305
有田正行
3位決定戦
311
吉良優希
〇 5-3 × 302
藤岡勇樹
準決勝戦
303
楠本大悟
× 1-6 〇 305
有田正行
■CPクラス最終順位

305
有田正行
第15回浜松ボッチャ大会


303
楠本大悟
第15回浜松ボッチャ大会

311
吉良優希
第15回浜松ボッチャ大会

>> 第15回浜松大会フォトギャラリーはこちら

ページ上部へ戻る